色白女子がこんなに男にモテる理由

色白女子はいつの時代にも男性には人気です。

どの世代でも人気だと思われます。

それは色白=女性らしさを感じるからだと思います。

男性にはあまり見られないその肌の色に思わずドキッとしてしまう男性は多いのではないでしょうか。

色白女子が男にモテる理由

儚いイメージ

色黒だとどうしてもスポーツをしている人など健康的なイメージがあるので儚いというよりも、どちらかというと強い印象を受けます。

男性はどちらかというとそういった女性よりも、自分たちにはない、守ってあげたくなるような女性を本能的に好むものです。

色白というだけでどこか消えてしまいそうな、男性にはない儚さがあります。

その姿に男性は惹かれるのではないでしょうか。

病弱そうで守りたくなる

色白ということはあまり外には出ず、室内で過ごすことが多いという考えにまず至りますよね。

健康的な女性は外に出てたくさん活動しているので肌ももちろん焼けます。

色白女子はそれと真逆のイメージになるではないでしょうか。

紫外線が苦手で室内を好むということで、病弱さを感じられ男性は思わず守ってあげたくなるのでしょう。

肌が柔らかくて可愛く見える

女性の肌は柔らかいですが、色黒ですとどうしても強くたくましく肌もしっかりしているという印象を受けます。

しかし逆に色白女子の肌はその見た目からもとても柔らかくて程よくもちもちしたイメージがあります。

色白というだけで肌が繊細で柔らかいイメージを持つ理由には、お餅やクッションなど白くて柔らかいものが世に多いからということもあると思います。

そういったものはつい触りたくなるのでそれと同じ感覚でしょう。

黒髪だと白い肌に映える

白と真逆の色といえば黒です。

黒に白が映えるのと同様にもちろん白に黒は映えます。

色白の肌から流れる黒髪を想像すると、誰もがお嬢様のようなどこか儚さと気品のある女性を思い浮かぶでしょう。

茶髪ではあまりそう感じられません。

昨今の茶髪ばかりの女性が多いのに対して、色白を活かした日本人ならではの髪色を好む男性も多いのではないでしょうか。

白やピンクの服が似合う

肌の色というのは、似合う色というのを大きく左右すると考えられます。

しかし色白は色を選びません。

どのような色でもたいてい似合ってしまうという強みがあります。

その中でも特に似合うのがピンクや白など女性らしい色だと考えられます。

それは主に、肌が色白という部分だけで女性らしさがあるのも理由の1つだと思います。

女性らしい人はピンクなど女性が好む色もよく似合うので男性は魅力的に感じられるでしょう。

白いは肌に惹かれる本能的な理由

そもそも肌が白い女性を見ると女性らしい、柔らかそう、触りたいという気持ちに男性は少なからずなるのではないでしょうか。

夏など特に焼けやすい季節に、自分にはない白い肌が無防備に晒されていたら特に感じるでしょう。

自分にはないものを人は魅力的に感じるものだと考えます。

そのため、美白に気を使わない男性からすると色白の女子はとても魅力的に見えるでしょう。

これで解決!色白女子になる方法

身体の内外、両方からのケアが必要です。

特に3月中旬から10月いっぱい辺りまでは外からのケア、日焼け止め、防止、日傘などは必需品です。

外出しないから日焼け止めを塗らないとうのは危険で紫外線は窓から反射して肌にダメージを与えるので、いつ何時も気を抜かない事が大切です。

日焼け止めをサボらずに塗る

特に忙しい朝は1分でも時間が惜しいもの。

日焼け止めの塗り方も大雑把になってしまいがちです。

ですが、紫外線は、わずかな隙間でも見逃しません。

塗りムラや塗り忘れた部分をいち早くチャッチして肌の内部にまで入り込んできます。

顔には500円玉くらいの分量を、まんべんなく叩いて馴染ませるように付けましょう。

出かける20分前を目安に付けるのが理想です。

しっかり肌に浸透するのは約20~30分後です。

適切に美白パックを使う

カラカラに乾燥するまで肌に載せておくのは、却って肌ダメージになります。

肌の中の潤いや皮脂までパックが吸い取ってしまう危険があります。

まだまだパック自体の水分が残っている状態で外すくらいが丁度良い頃合いです。

顔全体のフェイスパックだけでなく、特にシミが目立ってきた部分は一点集中型の小さめのパックで特別ケアする、シミ改善に効果的です。

UV効果のある日傘を使う

日傘は、UV効果がある物でなければ、あまり意味がないようです。

黒色の日傘もありますが、あまりお勧めできません。

白系や淡いパステル調が最も日差しを遮る効果があります。

UV効果がある日傘でも使用期間に期限があります。

顔に塗った日焼け止めが数時間で効力をなくすように、日傘のUV効果も3年位が限度です。過ぎたら新調しましょう。

用途にあった美白化粧品を使う

美白化粧品は乾燥するというイメージが強かったですが、最近の美白商品は保湿効果も、かなり優れていると感じます。

一口に「美白」と言っても朝晩同じ用品では効果も半減する場合があります。

朝用夜用と、少しコストはかかっても使い分けたほうが色白肌になれる、または色白をキープできるようです。

特に濃厚な「美白クリーム」を朝使用するのは、却って紫外線に触れる事で肌トラブルを起こすとこもあるようです。

美白成分のある食材を食べる

柑橘類は毎日欠かさず食べる事で肌の老廃物を取り除き、肌の酸化を抑えてくれます。

オレンジであれば朝晩と2食に分けて毎日1個が目安のようです。

この時に牛乳やヨーグルトと言ったカルシウムを同時に摂取すると、体内での吸収率が上がるようです。

1カ月続けた人が頬周りにあった2ミリ大のシミが消え肌自体もワントーン明るくなったという事です。

継続して美白サプリを使う

ビタミンCの接種は絶対かと思います。

毎日きめられた分量で、何より継続する事が大切です。

肌の生まれ変わりは6週間、または3カ月とも言いますが、確かに人によって誤差はあると思います。

大事なのは継続する事ですので、1回高価なビタミン剤を購入して1カ月だけで飲むのを辞めてしまうより、少し安価で無理なく購入できる価格帯のビタミンCを何カ月も継続する方が効果的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする